横浜戸塚・創造と憩いの場 ルラポポ、創造空間Lula & Popo(ルラアンドポポ)へようこそ 

ルラポポブログ

2016/01/19

梅一輪

■新しい年の幕開けを祝うかのように咲いた一輪の梅の花、もういつ朽ち果てても良いくらいの古木が愛おしむかのように、濃桃色の花を毎年咲かせてくれます。
いつもなら春の香りをのせて立春の頃に咲くのですが、暖冬の今年は、元日の朝に咲き始めました。
「梅一輪 一輪ほどの 暖かさ」という俳句は、江戸時代の前期から中期に活躍した
松尾芭蕉の弟子である服部嵐雪が詠んだものですが、句の解釈は諸説ある中で、厳しい寒さの中にも梅一輪ほどの暖かさが感じられるようになり、春が少しずつ近づいている、そんな喜びを描写したものというのが一番ぴったりきています。
凍てつき閉ざされた冬の季節の閉塞感の中では、ひたすら辛抱し時が来るのを待つ、そんな心情から春を待つ気持ちの表現としての 梅一輪 なのではないかと思ったりしています。
ところが暖冬の冬、明るい陽光の中で元日から花開かせたにもかかわらず、時節遅れの寒の入り、雪を抱いてびっくりしたのですが、芭蕉の俳句にこんなのがありました。
「梅が香に 追ひもどさるる 寒さかな」
このまま暖かくなるかと思いきやさにあらず、大寒を迎えて厳しい寒さが押し寄せてきています。
1月21日は大寒ですが、西洋占星術では大寒が宝瓶宮(みずがめ座)の始まりとなっているようです。
大寒にちなんでの言い伝えがいろいろありますが、例えば「寒の水」、大寒の朝汲んだ水は1年間腐らないとされて納戸に保管したり、寒の水で作られた味噌や醤油や酒は腐らないとされて、この時期に仕込んだものは体にも良く、長期保存にも向いているとされています。
また、大寒の日に産み落とされた卵は「寒たまご」とよばれ、金運、運気のUPにつながるとされて珍重されているようです。

関東地方にもたらされた雪はすぐに溶け、青空が広がりました。
芭蕉の句「梅が香に のっと日のでる 山路かな」
山路ではなく、庭先の梅の木の枝先にものっと日が出ましたので、梅の写真にその写真も添えました。

(popo)

P1030831

 

P1030867 (1)
P1030917
P1030924 
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
創造空間Lula & Popo
http://lulapopo.jp/
住所:横浜市戸塚区汲沢2-10-17
TEL:045-392-8100
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2016/01/16

リフレッシュ☆インドの楽器シタール

■週末になると何となく特別な空間に身を置きたくなってしまいます。
日常から離れた異空間に身を置くことで、リフレッシュしたいのかもしれません。

そんなとき、もってこいのお誘いを受けました。
インドの楽器シタールの演奏があるので聴きにきませんか? と。

シタールという楽器は知っていました。
随分以前に、インド旅行のツアーに参加していた母がお土産に買ってきたのがシタールでした。
小さな母が大きな荷物を持って帰ってきたので驚いたのですが、それでもそのシタールは室内装飾用として作られた小振りのもので、楽器としての用途は果たさないものでした。
なので楽器シタールの音楽に触れるのは初めてです。

場所は蒲田駅近くの本格インドカレーの店「エベレスト」、そこで少し甘めのナンと
2種のスパイシーカレーをいただきながら、北インド地方の楽器シタールが作り出す音の世界に引き込まれていきました。
演奏者・伊藤礼さんからの楽器の説明では、シタールの膨らんだところは、なんと冬瓜で出来ているのだそうです。弦の数についても面白い話が聞けました。
シタールの弦の響きは、メロディーを奏でるというより、どこか遠くに鳴り響いていた音が静かにうねりながら近づいてきて、周りの空気をふるわせながら、中心に触れたかと思うと周辺に遠ざかり、また近づいてきて包み込むという不思議な感覚をもたらすものでした。
何層にも重なり合う哀調を帯びた繊細な音の響きとその奥で支える力強い響き、それらはインドという国の民族の魂を表現しているのだろうと思いました。
インドにはまだ行ったことがありませんが、魂の奥底を揺さぶられるような何かがあるような気がしていて、一生の中で一度は訪れてみたい国の一つです。

(記事:popo)

20160116

 

1452997894259
1453022516757

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
創造空間Lula & Popo
http://lulapopo.jp/
住所:横浜市戸塚区汲沢2-10-17
TEL:045-392-8100
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇